ハゲたら短髪にすればいい!って簡単に言いますけど・・・

tanpatsu_01

男性同士、ハゲや薄毛の話しをしていると「ハゲたら短く刈り込むかスキンヘッドにすればいい」と言う人がいます。

男性だけじゃなくて女性でも「なんでハゲた人は無理に髪の毛を残そうとするの?短くしちゃった方が潔い」と言う人もいます。

確かに短くしたほうが潔いし、清潔感もあります。

ハゲを無理に隠そうとしたり、ある部分だけを変に伸ばすのはカッコ悪いし、無駄な足掻きだなーと思います。僕もそう思っていました。

でも、ハゲたら短髪って、実際にハゲや薄毛になってみるとなかなか踏み切れないものなのですよ。

今ある髪の毛をちょっとでも残そうとする

僕もハゲたら短くすればいいや、と思う派でした。

バーコード状にして残したり、髪の毛を長く伸ばして隠そうとすることの方がカッコ悪くて恥ずかしいと思っていたからです。

ですが、いざ自分が薄毛になったとき思ったことは、「残りの髪の毛は絶対に残したい」ということと「薄毛になってきた部分も短くしたら生えてこなくなってしまうのではないか」という恐怖でした。

薄毛になってきたときに髪を短くすることはものすごく勇気がいることです。

さらに薄毛が目立ってしまうんじゃないか?とか、短くしたまま生えてこないんじゃないか?とかとにかく不安になるんです。

薄毛やハゲになってない人から見たら「短くしてしまった方がいい」と思うのは当然だし、薄毛やハゲの人もわかってはいることです。

でも、自分がその立場になってみると、なんとかその状態から薄毛やハゲを進行させたくない!今ある髪の毛は維持したい!と思ってしまうのです。

そもそも日本人にスキンヘッドは似合わない

tanpatsu_02

そもそも日本人の顔立ちでは、スキンヘッドや短髪は似合いません。

もちろん中には似合う人もいるし、スキンヘッドや短髪にした方が清潔感がでるときもあります。

でも、誰もが俳優の渡辺謙みたいにカッコいい人ならいいですが、スキンヘッドが似合うのはごく一部の人で、大体の日本人には似合いません。

しかもスキンヘッドや短髪にすると、年をとって見えてしまうのは事実です。

どんなに髪型がかっこ悪くても、短髪にした方が清潔感があるとわかっていても、髪の毛が多い方が若く見えるのは確かです。

短髪にすればいいと言っている人ほど焦ります

薄毛やハゲになったら、それほどひどくならないうちに短髪にしてしまった方がいい、と言っている人に限って、自分が実際薄くなってきたら焦ります。

僕がそうだったからわかります。

まだ髪の毛は残っている、ちょっと地肌が見えてきただけ。ちょっと見えた頭皮を何とか隠す方法を試してしまって、とても短髪やスキンヘッドにする勇気はありません。

僕の場合、頭皮が見えてきた時点ですぐに育毛シャンプーや育毛剤を利用しました。

幸い早めの対策が功を奏して、今では薄毛も完全に治ってフサフサだった元の髪質に戻っています。頭皮が見えることもないし、髪の毛にハリと艶が戻ってきました。

余裕を見せている人ほど、いざ薄毛やハゲになったときに焦ります。

自分は遺伝的にハゲない、薄毛になるような髪質じゃない、と思っている人ほど薄毛になったりします。僕がそうだったので信憑性は高いです。

薄毛やハゲになる前に、生活習慣を改めてみたりシャンプーを頭皮に良い育毛シャンプーに変えるなど、薄毛予防・ハゲ予防をしておいた方がいいですよ。

→薄毛になった状態から元の太さに戻した僕の体験談はコチラ