薄毛の原因!髪が抜ける4つの要因と対策

薄毛の原因はいろいろな要因があります。

ちょっと前までは

  • 親が禿げていると必ず禿げる
  • 頭皮が動かない人は禿げる

などと言われていましたが、それだけが薄毛の原因ではないし、親がハゲていても必ずハゲるわけではありません。

薄毛やハゲの研究は年々進歩していて、最近の研究では「薄毛の原因は4つの要因が関係していること」がわかってきています。

薄毛の原因となる4つの要因とは?

男性が薄毛になる4つの要因は

  1. 生活習慣
  2. 遺伝
  3. ストレス
  4. 男性ホルモン

です。

1.生活習慣

beer

現代人は「生活習慣の乱れ」が原因の薄毛が多いです。

・喫煙
・飲酒
・暴飲暴食
・睡眠不足

喫煙や脂っこい食事は頭皮の皮脂の分泌を過剰にします。
過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって発毛を阻害してしまいます。

また、睡眠不足・運動不足はカラダの代謝が悪くなります。
カラダの代謝が悪くなると結構も悪くなり、手先・足先、そして頭皮といった末端の毛細血管に血液が届きにくくなります。

血流が悪くなるということは栄養分が十分に行き届かなくなるということで、発毛するための養分が足りず薄毛になってしまいます。

2.遺伝

dna

遺伝も薄毛に関係します。

少し前までの「親が禿げていれば必ず禿げる」という定説ではなくなり、親兄弟に薄毛がいると自分も必ず禿げるわけではありません。

最新の研究報告では、母方の祖父が薄毛なら自分も将来的に禿げる可能性があると発表されています。

3.ストレス

nayami

現代人に襲いかかるストレス。サラリーマン、ビジネスマン、働いている人なら誰でもストレスがかかりますよね。

ストレスは皮脂の過剰分泌を促します。

生活習慣の乱れと一緒で、ストレスによって過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせて発毛を阻害してしまいます。

ストレスは、ストレスの原因となっているものを取り除けば解消されますが、仕事や人間関係など自分ではどうすることもできないケースもあり厄介です。

4.男性ホルモン

man_hige

男性ホルモンと薄毛の関係は前々から言われていたことですが、近年、そのメカニズムが解明されています。

男性ホルモンの主成分は「テストステロン」という成分なのですが、これ自体には薄毛やハゲを引き起こす働きはありません。

体の中にある「5αリダクターゼ」とテストステロンが結びついて「ジヒドロテストステロン(DHT)」という成分が生成されます。このジヒドロテストステロンが、髪の毛の発毛を抑止して成長を阻害する働きがあり薄毛やハゲになってしまいます。

5αリダクターゼの量は遺伝的な体質で決まっていて、「親がハゲると自分もハゲやすい」と言われるのは、5αリダクターゼの影響からなんです。

薄毛の原因を治すには育毛剤しかない!

薄毛の原因となる4つの要因。
その中で自分で治せるのは「1.生活習慣」だけです。

喫煙をやめて脂っこい食事を減らして規則正しい生活を心がければ、生活習慣が原因となる薄毛は防ぐことができます。

ですがその他の要因は自分で防ぐことはできません。

遺伝的な5αリダクターゼの量を自分で調節できるわけではないし、ストレスを感じるな!と言っても無理な話ですよね?

そのため、5αリダクターゼの働きを抑えたり、皮脂の過剰分泌を抑える効果のある育毛剤を使うしかないんです。

最新の育毛剤には薄毛を治すための2つの効果があります。

  1. 育毛・発毛効果
  2. 遺伝的な薄毛要因を抑止する効果

育毛・発毛効果

育毛剤には様々な育毛効果・発毛効果があります。

  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 頭皮に栄養を与え髪の毛の成長を助ける
  • 血行を改善して発毛を促す

これらの効果を引き出すために年々研究が重ねられていて、最近もっとも有効があると言われている成分が「M-034」「Algas-2」「キャピキシル」といわれる成分です。

少し前までは「ミノキシジル」などが有名でしたが、ミノキシジルは副作用などもありひと昔前の成分。育毛成分も年々進化しているんです。

そのため、育毛剤を選ぶときは「M-034」「Algas-2」「キャピキシル」のどれかを主成分としている育毛剤を選ぶようにしましょう。

遺伝的な薄毛要因を抑止する効果

男性ホルモンの主成分である「テストステロン」と「5αリダクターゼ」が結びつくことで、薄毛やハゲを引き起こす「ジヒドロテストステロン」が生成されることがわかっています。

aga

最新の育毛剤には、5αリダクターゼの働きを抑えて、薄毛やハゲを引き起こすジヒドロテストステロンを生成させない働きがあります。

男性ホルモンが濃くても、5αリダクターゼが働かなければ薄毛やハゲにはなりません。

今現在の育毛剤は遺伝的な薄毛やハゲにもアプローチできるんです。

市販の育毛剤は決して効果がないわけではありません。
効果がないという人は、使い始めるタイミングが遅くてすでに手遅れな状態になっているんです。そうなるとAGAクリニックなどに通っても意味はありません。

薄毛やハゲ対策は早め早めが肝心です。

早めに対策することで、自分でも薄毛を治すことができるんですよ!

当サイトおすすめの最新育毛剤を見てみる