秋に抜け毛が増える!正しいケア方法とは?

man_nukege

髪の毛には抜けやすい季節と抜けにくい季節があります。

髪の毛が抜けやすい季節というのは春と秋。そしてその中でも秋がもっとも抜け毛が増える季節と言われています。

春や秋に抜け毛が増えるのは季節要因もあるのですが、実は理由はそれだけではありません。

放っておくとそのまま薄毛やハゲに進行する抜け毛の場合もあります。

秋に多くなる抜け毛は、正しい原因を知って正しくケアする必要があります。

秋に抜け毛が増える理由

秋に抜け毛が増える理由は以下の3つです。

・秋冬に向けての生え変わり
・夏の紫外線ダメージの蓄積
・乾燥による頭皮のダメージ

秋冬に向けての生え変わり

これは前述したとおり「季節要因」による抜け毛です。

私たちの髪の毛も動物と同じように生え変わりの時期があります。暑くなる前の季節の春、寒くなる季節の前の秋です。

この時期になると、古い髪の毛がどんどん抜けて新しい髪の毛が生えてくるようになります。

抜け毛が増える時期ですが、逆を言えば髪の毛を増やすチャンスでもあります。新しい髪の毛が生える時期ですからね。

育毛を始める季節に秋は絶好のタイミングになるわけです。

夏の紫外線によるダメージ

夏の紫外線が頭皮に与える影響は、以前に記事でまとめました。

参考:夏の日差しがハゲの原因?頭皮のダメージは蓄積する(内部リンク)

蓄積した頭皮のダメージが実害として現れてくるのが秋です。

夏に海水浴へ行ったりバーベキューをしたり、日差しを浴びる機会が多かったときに抜け毛が増えるのは、紫外線のダメージです。

この場合、頭皮がダメージを受けている状態なので、いわゆる「発毛を促進する育毛剤」では意味がありません。

紫外線のダメージケアには「頭皮に栄養を与えて頭皮ケアをする育毛剤」が必要になります。

育毛剤というと薄毛になってから、ハゲてきてからというイメージですが、そのタイミングでは遅いし、薄毛予防・ハゲ予防に使う育毛剤があります。

栄養を与えて髪の毛を育たせる育毛剤でお勧めは「CHAP UP(チャップアップ)」という育毛剤です。

chap_01

「センブリエキス」「グリチルリン酸」「ジフェンヒドラミンHC」といったアミノ酸系成分と、海藻エキスなど32種類の無添加成分の効果で、頭皮に栄養を与えて髪の毛を育てる効果があります。

夏の紫外線が原因と思うときは、ぜひ頭皮に栄養を与えて頭皮ケアをしてください。

参考:チャップアップの頭皮ケア効果とは?(内部リンク)

乾燥による頭皮のダメージ

秋は急激に乾燥する季節です。

乾燥というと冬というイメージですが、秋から冬にかけての乾燥よりも、夏から秋にかけての乾燥の方が湿度の落差が激しくなります。

人間の体は急激な変化に弱くて、それは頭皮も一緒です。肌が乾燥するように頭皮も乾燥しやすくなります。

頭皮の乾燥は髪の毛にとって一番の大敵。

皮脂が過剰に分泌された脂っぽい頭皮の方が危険に思われがちですが、根本原因は、頭皮が乾燥して体の防衛反応で皮脂が過剰に分泌されます。

乾燥してやせ細った頭皮では、せっかく髪の毛が生えても十分に育ちません。育たず細い髪の毛のまますぐに抜けてしまうので抜け毛が増えるわけです。

乾燥しやすい季節には、日々のシャンプーで乾燥を防いで潤いを与えることが抜け毛予防には重要です。

シャンプーの刺激が頭皮の乾燥を助長させるので、頭皮をケアして潤いを与えることのできる低刺激シャンプーが効果的です。

頭皮をケアして潤いを与えるシャンプーでお勧めは「Growth Project」から販売されている「Boston」というシャンプーです。

アロマシャンプー

アミノ酸系成分の効果で頭皮に栄養を与えて、天然アロマオイルが頭皮や髪の毛をコーティングして潤いを与えます。

乾燥しやすい季節でもコーティング効果で潤いが保たれるので、頭皮が乾燥したり塵やホコリといった刺激でダメージを受けることもありません。

参考:BOSTONシャンプーの頭皮ケアと潤い効果は?(内部リンク)

秋は抜け毛が増える季節です。

夏の紫外線のダメージや乾燥による抜け毛は、薄毛やハゲにつながる抜け毛になるので、早めの対策でしっかり頭皮と髪の毛をケアしましょう!